« 2010年12月 | トップページ | 2012年9月 »

2011年1月 6日 (木)

ワンスイッチ学習リモコン改良 2

 ワンスイッチ学習リモコンはスイッチの操作回数で操作内容を選びます。スイッチ1回では数字ボタンの1に学習したリモコン操作が行われ、スイッチ2回では数字ボタン2というようにスイッチの回数と同じ数字のボタン操作が行われます。スイッチを押す回数は8回ぐらいまでが実用範囲で、10回を超えると数え間違えるなど操作しにくくなると思います。

 このことから、今までは操作範囲を1から9までのボタンとし、スイッチ10回でグループ切換(長押しなしの場合)としていましたが、今回操作範囲を1から12までのすべての数字ボタンに拡げました。10回を超えると操作しにくくなるという点は変わらないので、変則的ですがグループ切換は10回で行うようにして、その上に11回、12回を置きました。グループ切換を長押しで行う場合は、スイッチ10回でボタン10の操作が行われますが、長押しなしのときはスイッチ10回でグループ切換が行われ、ボタン10に学習を行っても実行はされません。

 ボタン11,12にはめったに使わないけれど無いよりはましといったリモコン信号を学習して使用してください。スイッチを11回、12回操作するのはたいへんですが、繰り返し操作機能と組み合わせると少し楽になる場合もあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンスイッチ学習リモコン改良 5,6

R016803  ワンスイッチ学習リモコンの操作用スイッチジャックは今までケースの側面に取り付けていましたが、今回下側(底面)に移動しました。側面に出っ張りがなくなり少し設置が楽になると思います。

 もう一点、改造するソニーのリモコンは、ブザー音が小さい傾向があります。前の機種も音が小さかったので一回り大きいブザーに付け替え、ケースに穴をあけて対処していました。新しいリモコンは電池カバーが全体を覆うようになってさらに聞き取りにくくなっているため、大きめのブザーをスイッチジャックの隣に配置しました。(写真「ス」の左下の穴)

 ソニーへの不満をここで言っても無意味ですが、96操作に使用したリモコン(RM-PLZ510D)は失敗作だと思います。まず、誤操作を避けるため普段はボタンを下にして置けるようになっています。この点は良いのですが、それを強調(強要)するあまり写真のように裏面が丸くなっていて、ボタン面を上にして置いたり操作したりできなくしています。店頭では裏側を見せて陳列されています。裏を見せるパッケージのせいで取説がきつく丸められて入っており読むのにいらいらします。表面のボタンはどうでも良かったのかも知れませんが、個々のボタンが必要以上に小さく、青赤緑黄のカラーボタンも黒です。この功績が大いに認められて担当者が栄転したのか、48操作に使用した次の機種(RM-PLZ330D)ではこれらの点は改善されています。*個人の感想です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簡易ECS リモコン繰り返し操作機能

 テレビの番組表やDVDレコーダの操作でリモコンの上下左右の矢印ボタンを使う機会が増えました。矢印ボタンは多くの場合希望の画面になるまで繰り返し操作が必要です。また、音量やテレビにチャンネルを一気に変えたい場合もあります。

 今までの簡易ECSではスイッチを押したままにすることでリモコン操作の繰り返しができましたが、間隔がスキャン間隔時間と同じため、かなりゆっくりした操作になってしまいました。また、リモコンボタンの長押しが必要な場合には対応できませんでした。(早送り再生、プレイステーション2の電源ボタン、パナソニック製テレビの設定など)

 そこで、スイッチを押している間リモコン信号が出続けるよう変更しました。これによりリモコンのボタンを直接押した場合と同じ繰り返し(連続)操作ができます。一方、スイッチを一旦押すと離すのが難しい場合は1回の操作でチャンネルや音量が2段階3段階と変わってしまい不都合なため、今までどおりのゆっくりした繰り返しを選択することもできます。

 なお連続したリモコン信号に対し繰り返し(連続)動作を行うかどうかはテレビなどの機器側の機能で、機器付属のリモコンボタンを長押しして繰り返し動作が行われなければ、簡易ECSを使っても繰り返し動作にはなりません。チャンネルボタンを押したままにしても1回しかチャンネルが変わらないテレビもあります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

簡易ECSの改良

 簡易ECS(簡易環境制御装置)をちょっこし改良しました。

  1. リモコン信号のコピー機能追加
  2. リモコンの繰り返し操作機能追加

 リモコン信号のコピー機能は、ひとつのチャンネルに学習したリモコン信号をほかのチャンネルにコピーする機能で、1スイッチ操作によりユーザ自身で実行できます。

 簡易ECSでどのチャンネルにどのリモコン信号を割り当てるかは、リモコンの学習で決まりますが、使っていくうちに最初に学習した割り当て(順番)を変更したくなることがあります。この場合、今までは再学習作業が必要でしたが、コピー機能で1つずつ移動して行き希望の割り当てに変えることができるようになりました。(いままでどおり再学習による方法も可能です)

 また、テレビの音量操作などはテレビ放送を見るときのほか録画した番組やDVDを見るときにも必要なので、音量操作はテレビ操作のグループとDVDレコーダのグループ両方にあったほうが便利です。この場合テレビグループからDVDレコーダグループにコピーすることで学習作業は1回で済みます。

 コピーの操作方法は以下のとおりです。例:チャンネル30の学習内容をチャンネル40にコピーする場合

  1. チャンネル30のリモコン操作を行います。
  2. オートスキャンでチャンネル40を表示させます。(40,41,42...と表示が切り替わっていく状態にする)
  3. チャンネル40が表示されている間にスイッチを8回連打します。ブザーが鳴ってコピーが完了します。(チャンネル30の内容は残ります)

簡易ECS説明書

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンスイッチ学習リモコン更新

 ワンスイッチ学習リモコンは市販の学習リモコンを改造した物ですが、使用していたリモコンが製造終了となったため、後継機種を改造することになりました。

R017003_2 R016801_2 使用したリモコンにより2機種あります。写真左は12ボタンx8グループで合計96種の操作ができるタイプ。写真右は12ボタンx4グループで合計48種の操作ができるタイプです。

 操作数(グループ数)以外の機能は同じで操作方法も前のリモコンとほぼ同じですが、新規作製にあたり少し変更/改良を加えました。

  1. 繰り返し操作機能を追加
  2. グループあたりのボタン数を9個から12個へ増加
  3. グループ数設定機能を追加
  4. ばたつき除去機能を追加
  5. スイッチのジャックを下(底)へ移動
  6. ブザー音を聞きやすく変更

それぞれの詳細は追って説明します。

1スイッチ学習リモコン[48操作]

1スイッチ学習リモコン[96操作]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ用ワンスイッチリモコン更新

 ワンスイッチリモコンは市販のリモコンを改造したものですが、改造に使用していたリモコンが製造終了になったため、後継機種を改造して作ることにしました。

R016518  機能や操作方法は前と同じですが、放送切換操作を少し改良しました。

 今までは放送切換操作を行うと、1回ごとに地上アナログ→地上デジタル→BS→CSと放送が切りかわりましたが、地デジ化が進み地上アナログと地上デジタルを切り換えて見るケースは少ないと思います。またCSは、契約していない人にとっては切り換える必要性が無く、BSから地デジに切り換えるときによけいな操作が必要になってしまいます。

 新しいリモコンは放送切換を個別に行うことができるためワンスイッチ操作で切り換える放送をユーザが選択できるようにしました。たとえば放送切換1回ごとに地上デジタルとBSの間を交互に切りかわるようにできます。

ワンスイッチリモコンの説明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2012年9月 »