« 2012年11月 | トップページ | 2014年8月 »

2012年12月26日 (水)

Androidのキー入力

ワンキー・マウスのAndroid対応で「ホーム」ボタン操作のキー入力を「Home」キーから「Alt + Esc」キーに
変更するのに少し手こずりました。
PCに接続したときはちゃんとAlt + Escが入力されるのに、Androidに接続するとホームボタン操作ではなく、
Esc単独で入力したときの「戻る」ボタン操作になってしまったり、タスクマネージャが起動したりします。
試行錯誤してようやくわかったことは、Androidのキー入力は、キーが押されたときではなく離されたときに
行われるらしい、ということです。
これは外部キーボードを接続したときだけでなく、画面をタッチしたときも同様です。
試しに電卓アプリで数字ボタンを長めに押してみてください。数字は押した瞬間ではなく、離した瞬間に
入力されると思います。そんな電卓見たことありますか。
電話のダイヤルでも同じですが、電話の場合短く押して離したときは数字が入力され、長く押して離したときは
スピードダイヤルなど別の働きをします。そのため、押した瞬間はまだどちらの操作かわからないので、
離したときに入力される仕組みなのだと思います。
Androidでわかったことですが、試してみたらiPodも同じでした。iPadやiPhoneも同じでしょう。
私は気づくまでしばらくかかったほどで使用に支障はありませんが、敏感な人は違和感を覚えるかも知れません。
でも、そんな繊細なひともだんだん慣らされていくのでしょう。
そのうち、ブレーキペダルを踏んだときではなく離したときに止まるような車が出てくるのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Android 4対応モード

R0025846Android 4にバージョンアップしたらボタン操作ががらっと変わってしまいました。そこで、接続先の設定をもう一つ追加してAndroidモード3と名付け、今までの設定をAndroidモード2と呼び、PCモードと合わせてて3つのモードから選ぶようにしました。
Androidモード2とモード3の操作方法は同じで以下のとおりです。
  長押し1回 - クリック(タップ)
  長押し2回 - 「ホーム」ボタン
  長押し3回 - 「戻る」ボタン
  長押し4回 - 「メニュー」ボタン
  長押し5回 - 画面消灯
モード2とモード3ではこれらの操作を行った時に入力されるキーがが異なります。
どちらのモードが良いのかは、今のところ実機でホームボタン操作(長押し2 回)を行い、正常に動作する方を選択するしか判断方法がありません。
詳しくはワンキー・マウスAndroid対応をご覧ください。

ワンキー・マウスのバージョン5.27から対応しています。バージョンはラベルに「Ver.527」のように表示されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンキー・マウスのWindows8対応

 ワンキー・マウスはWindows8でもいままでどおり動作します。ちゃんと確認しました。
Wstart
 ただ、ワンキー・マウスのユーザーは、タッチパネルの操作が困難な方が多いと思われるので、タッチパネル操作をメインにしたWindows8はお勧めできません。
タッチパネル画面でもマウスによる操作は可能ですが、今までは画面のボタンをクリックして行っていた操作が、画面の隅にカーソルを移動して選択する方式になったため、カーソルの移動がかなり増えます。

 Windows7までの「デスクトップ」方式に切り換えることもできます。
こちらはあまり使って欲しくないのか、画面がかなりしょぼくれた物になっています。Win81

図は同じソフト(アプリと呼ぶらしい)のWindows8、7、Xpでの見た目です。Windows8は枠に立体感がなく、角も丸くなっていません。



Win71


 



Winxp1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

不公平なカレンダー

1223_2 今日は12月23日で天皇誕生日、明日24日は振り替え休日でクリスマスイブ、そして1週間後の31日は大晦日。
一年のうちでも重要な日々なのに、カレンダーではひとつのマスに2日分が押し込められています。
それというのも12月1日が1週間分のスペースを占領してしまったから。
これって不公平じゃありませんか。
スペースが足りないのなら、1日と8日がひとつのマスに入れば、1桁どうしなのでさほど窮屈でもないのに。
1日は自分が少し我慢して月末の仲間を助ける気は無いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2014年8月 »